2004年09月26日

「タイツ祭り」

タイツ祭り(チラシ)

行って来ましたよ〜っ!タイツ祭り♪
偶然目に止まったチラシに惹かれ、彼らのことは何も知らないままチケットを購入。
もう2ヶ月以上も前からずっと楽しみにしておりました。
いやぁ〜。楽しかったですよーっ!涙が出るほど笑っちゃいました。

「タイツ祭り」とは全身総タイツのタイツマンズ(劇団スーパー・エキセントリック・シアター所属)が繰り広げるミュージカルアクション・コメディー。
約20分ほどの作品5本立てで、オムニバス形式で進んでいきました。

まずは一作品目。
舞台の幕に「ブーム道」という文字が映し出され、その幕が上がると緑色の総タイツをまとい、顔の周りに花びらをつけた人が4人。
昔、大流行した音に反応して動くおもちゃ「フラワーロック」が16年ぶりに電池を入れられてよみがえり、現代の様子に驚く!という設定。
演劇の途中に登場してきた銀色総タイツに耳としっぽを付けた「アイボ」に驚く「フラワーロック」たちの姿には大爆笑でした。

続いての作品は「ピン道」。
こちらは白い総タイツでボーリングのピンに扮し、ピンの気持ちを面白おかしく見せてくれました。短編アニメ「Pin Men'sの第一労働みたいなかんじ。
このあたりから、あの野添義弘さんのキャラが少しずつ発揮されてまいりましたw

三作目は「祭リンピック」。オリンピックの競技種目で何が一番必要ないかを真面目に考える「朝まで生テレビ」風の作品。
オリンピック種目の棒高跳び、円盤投げ、ハンマー投げ、砲丸投げ、槍投げに扮した劇団員たちが、生放送中という設定で熱い討論を繰り広げ、ここで野添さんキャラが大爆発!もう爆笑の連続でした。

戦隊ものヒーローの子供ショーを題材にした「ヒーロー道」ではアクションシーン盛り沢山で、迫力ある舞台に圧倒され、最後の作品となった「ウマい道」では茶色の総タイツでの武田信玄の騎馬隊のお話にちょっぴり感動。
そして見事なタップダンスに感激!

もう本当に大満足の舞台でした。これで3000円はめちゃくちゃ安いっ!
すご〜く得した気分になりましたよー♪
また来てくれないかなぁ。次回がもしあるのならば必ず行きます!!

これからのタイツマンズ「タイツ祭り」の公演
2005年1月 8日(土) 海老名市文化会館
2005年1月29日(土) 大東町文化会館シオーネ
2005年1月30日(日) 焼津市文化センター
posted by KIBY at 22:14| Comment(2) | TrackBack(1) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へえぇー。おもしろそうだなぁ。
友達にすごい舞台好きのひとがいるから教えてみようかな。
ってか海老名ってめっさうちから近い!
Posted by コステロ at 2004年09月27日 15:57
おもしろいよー。笑っちゃうよー。
さすが三宅さんが率いる劇団だわっ!てカンジです。
お友達にも是非ススメてちょうだいな♪
これからの公演はまだチケット発売されてないんじゃないかなぁ。
コステロくんも行ってみたら?けっこう新鮮かもですよ?

Posted by KIBY at 2004年09月27日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/677627
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

野添義弘
Excerpt: 野添義弘野添 義弘(のぞえ よしひろ、1958年7月3日-)は、日本の男性俳優、声優、ナレーター、リポーター。スーパー・エキセントリック・シアター所属。大阪府出身。..
Weblog: ななこの部屋
Tracked: 2007-08-15 13:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。