2005年05月02日

「エターナル・サンシャイン」

「エターナル・サンシャイン」
「エターナル・サンシャイン」
2004年アメリカ ★★★☆☆

バレンタインデー間近のある日、ジョエル(ジム・キャリー)は恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と大喧嘩。仲直りしようとクレメンタインの元を訪れるが、彼女の様子がおかしい。その後、ジョエルは一通の手紙から、彼女が自分の記憶を全て消してしまったことを知る。そして自分も彼女の記憶を消そうと、その手紙の送り主であるラクーナ医院に依頼するのだった。
本年度のアカデミー脚本賞を受賞したチャーリー・カウフマンが描くラブ・ファンタジー。

楽しみにしていたこの作品。私の街でも土曜日から上映が始まったので、さっそく観に行ってきました♪上映している映画館は、いつもは座席指定などないミニシアターなのですが、今日ばかりは立ち見も出るほどの大盛況!20分前に劇場に到着した私はギリギリセーフでなんとか座って観ることができましたよ。

映画が始まってしばらくすると、オープニングからのストーリーがぷつっと切れてしまう。「ん?なんだかタランティーノっぽいぞ。」と思ったものの、また始まっていくストーリーを気にせずに観て行きました。
ケイト・ウィンスレットは、ちょっぴりおてんばで気性の激しい、だけど真っすぐで正直な女の子。「タイタニック」のイメージから抜けきれていない私には、かなり新鮮に感じました。でも、それ以上に驚いたのがジム・キャリー!いつものおちゃらけキャラとは一変して、無口で物静かなジョエルを見事に演じていました。全く別の俳優さんのように思えて本当にビックリ!ちょっぴりステキでしたw

ストーリーの流れは、過去・現在・未来が入り混じっていて少し複雑。クレメンタインの髪の色が時系列の流れのヒントだと気付いたのは映画が終わりに近づいた頃でしたw その点ではもう一度観てみたい気もするけれど、ツッコミ所がかなりあり、結末にも疑問が残る。
アカデミー作品&脚本家チャーリー・カウフマンと私の相性がイマイチという事を再認識した作品となりました。あと一歩で四つ星だったんだけどなぁ。。。

◆いよいよ公開(KIBY St.過去記事)
posted by KIBY at 00:12| Comment(2) | TrackBack(1) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
エターナルサンシャインついにご覧になりましたか。^^
僕はあの演出は「ビッグフィッシュ」ぽいと
感じました。
せっかくなのでTBさせてください、すいません。

GWはこれからですね!
良い連休を♪
Posted by まめぞう at 2005年05月02日 18:15
まめぞうさま、いらっしゃいです。
TBもありがとうございました!

やっと行ってきましたよー。すごい人気でしたw
全国公開系映画なら地方でもリアルタイムで劇場公開されるのですが、やっぱりミニシアター系映画はどうしても遅くなっちゃいますね。。。

「ビッグフィッシュ」まだ観てないんですよ〜。ユアンはチェックしとかなくちゃとは思っているのですが、公開時期を逃してしまってなかなか観る機会を作れなくて。今度見てみますね♪

まめぞうさんも良い連休をお過ごしくださいね〜。

Posted by KIBY at 2005年05月03日 11:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エターナルサンシャイン(ていうかEternal Flame)
Excerpt: 公開中の映画『エターナルサンシャイン』観ました。 今月最初頃に公開前のTVCFで、 聴いたことがないアレンジの『Eternal Flame』の曲が流れてて、 何!って感じで気が引かれて慌てて..
Weblog: Mudai Blog
Tracked: 2005-05-02 18:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。