2005年01月02日

字幕か吹き替えか

Shark_Taleずいぶん前から話題になっていた映画「シャーク・テイル」。海の中の魚たちのお話ということで、ダイビングを愛する私も気になっておりました。オリジナルでも豪華ハリウッド・スターたちが声優として出演しているのですが、日本の吹き替え陣もやっと決まったようです。

ウィル・スミスが演じる主人公オスカー(顔が黄色いちっこいお魚)はSMAPの香取慎吾さん。なるほど。口が大きいところなんてご本人さんにそっくり!「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック扮するベジタリアンの優しいサメ、レニーにDonDokoDonのぐっさん(山口智充さん)。そしてロバート・デ・ニーロが演じる海の底を仕切るサメのボス、ドン・リノには松方弘樹さん。その他に西村雅彦さん、水野美紀さん、小池栄子さんなど。
ほー。よく集まりましたねぇ。

吹き替えも気になるけれど、最初に観るならやっぱり字幕かな。「ブリジット・ジョーンズの日記」のレネー・ゼルウィガーも参加してますしねー。
海の中の世界と生き物たちを忠実に描いたディズニーの「ファインディング・ニモ」と比べ、オリジナルの声優さんに似せて人間風にデフォルメされた魚たちと海の中に街を作っちゃったところも観てみたいところ。
「シュレック」を手掛けたドリーム・ワークス製作ということで、作品の中には名作映画をパロったシーンがいくつもあるのだとか。どれだけ発見できるのか何だか腕試し的で楽しそうです。
人っぽい魚たちには違和感があるけれど、ちょっと観てみたいかも。
公開は春休みだそうです。

◆映画「シャーク・テイル」オフィシャルサイト
posted by KIBY at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。